ダメージヘア改善 ヘアケアナビ

トップページ > ハホニコ > ハホニコの使い方・選び方

ハホニコの使い方・選び方

ハホニコの使い方・選び方

アイテム数が多いハホニコ、どれをどんな順番で使えばいいのかわからない…そんな方向けに、ハホニコの選び方例と、ダメージ補修効果を引き出すシャンプー・トリートメントの使い方を紹介します。

髪のダメージで選ぶハホニコ組み合わせ例

パーマやカラーをしてるけど回数が少ない、毛先はあまり傷みを感じない人は、ラメイヘアクレンジング→ラメイプロトメント→十六油がおすすめ。この3アイテムだけでも髪が変わるのを実感できます。

毛先の傷みがあまりない人向け
ラメイヘアクレンジング  → ラメイプロトメント → 十六油

パーマやカラーを何回か繰り返して髪がパサついている、毛先がこのままだとヤバい人ディスデモカ ヘアクレンジングをプラス。ダメージ補修成分シルクPPTを配合したディスデモカでキューティクルを補強し、ダメージが進むのを食い止めます。

パサつきが気になる人向け
ラメイヘアクレンジング  → ディスデモカ ヘアクレンジング → ラメイプロトメント → 十六油

コテやホットカーラーで巻き髪をしている、ヘアアイロンを使っている、縮毛矯正をかける回数が多い人ハホニコ全使いがおすすめ。熱を加えると吸着性がアップするビッツル トリートメントでダメージ補修成分を逃がさないようにケアします。

ヘアアイロン、縮毛矯正向け
ラメイヘアクレンジング  → ディスデモカ ヘアクレンジング → ラメイプロトメント → ビッツルトリートメント → 十六油

では次に、アイテム毎の効果的な使い方を見てみましょう。ハホニコは単純に「泡立てて流す」「塗って放置して流す」のはもったいない。ダメージ補修成分を効果的に引き出す使い方があるんです。

ハホニコのシャンプーの使い方

ラメイヘアクレンジングは汚れ落とし用シャンプーです。ディスデモカ ヘアクレンジングは、髪の洗浄よりトリートメント効果を重視してます。どちらもシャンプーの時に、泡パックをするのが効果的です。

  1. ラメイヘアクレンジング(またはディスデモカ)を泡立てたら、
    目の粗いクシで髪をざっととかす
  2. 泡を洗い流さず、2〜3分放置
  3. 最後に頭皮を中心にしっかりすすぎます

ラメイとディスデモカを一緒に使う時は、最初にラメイヘアクレンジングで汚れを落とした後、その次にディスデモカを使います。

ハホニコのトリートメントの使い方

トリートメントも2種類あります。ラメイプロトメントはヒアルロン酸、スクワランなどの保湿・補修成分をたっぷり配合したトリートメント。

ビッツル トリートメントにも保湿成分は入ってますが、髪を熱から守って皮膜を作るヒートコラーゲンが配合されてます。だからビッツルは、ヘアアイロンやコテを何度もあてる毛先に効果的。コテを使ってない人は、ラメイプロトメントのみで充分だと思います。

2つのトリートメントはどちらも単独で使えますが、塗り重ねると強力にダメージを補修します。使い方は次の通りです。

  1. ラメイプロトメントを髪中央〜毛先になじませる。
  2. ラメイプロトメントを塗ったまま、毛先にビッツル トリートメントをなじませる。
  3. 目の粗いクシでざっと髪をといてから洗い流す。

目の粗いクシがなければ、手ぐしでもOK。トリートメントが髪1本1本に行き渡るよう、優しくなじませましょう。

ハホニコお気に入りアイテムの使い心地を紹介中。口コミはこちら↓
ラメイヘアクレンジング | ディスデモカ ヘアクレンジング | ラメイプロトメント | 十六油